1. ホーム
  2. ≫加齢臭の原因と予防

加齢臭の原因と予防

加齢臭の原因

30代中頃から40代以降にかけて少しずつ顕著になっていく加齢臭について、この原因は様々なものがありますが、必ずしも加齢によって絶対に加齢臭が発生するものと言うわけではありません。これは加齢による身体の衰えや、基本的な生活習慣の乱れから発生するものであり、予防する方法、防止する方法は十分にあるのです。

加齢臭の原因

まず、加齢臭のメカニズムは、老化による体内の変化により、身体の酸化が目立つようになります。よく「身体が錆付いた」と言う表現を耳にしたことがあるかと思われますが、文字通り、体内の酸化によって身体が錆付き、そこから腐敗臭が皮膚を通して発せられる状態が加齢臭なのです。近年、テレビなどのメディアで「抗酸化作用」と言った言葉を耳にされたこともあるかと思われますが、これは体内の酸化を食い止めることによって老化現象を食い止め、若々しい身体を保つための方法であると言うことから注目を集めているのです。

また、健康食品としてゴマ製品や酢を利用した飲料などが多く販売されるようになりましたが、これらも抗酸化作用の強い食品であると言うのが注目されている大きな理由のひとつとなります。

つまり、加齢臭は老化による身体の酸化が大きな原因となりますが、逆に体内環境を正常化し、若々しい身体を保ち続けるよう意識することで加齢臭を予防することが出来ると言うことでもあります。そのためには適切な生活習慣、適度な運動、バランスの良い食生活を心がけ、常に健康的な身体を作っていくと言うことが基本的ではありますが、最も大切なことであると言えます。

シェアをお願いします。