1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫職場の同僚がわきがで臭い。言うに言えない状況の対策

職場の同僚がわきがで臭い。言うに言えない状況の対策

くさい

わきがの人の臭いに困っているけど、言うに言えない。そんな状況を体験したことはありませんか。今回は最前の手について考えていきたいと思います。

なるべくなら傷つかないように言いたいところですよね。しかし、結論から言うと傷つかない方法はありません。それよりどう受け入れてもらえるかです。

そのまま黙っておくという方法もありますが、それだと自分も臭いに苦しみ続けますし、相手も自分の知らない間に評価が落ち続けることになります。ここは勇気を振り絞って解決する場面でしょう。

そうは言っても現実的になかなか言えるものではありません。そこで、事前にどのように伝えるか考えておきましょう。

まず間接的に言ったりそれとなく気づかせる方法が考えられます。しかし、回りくどく言うと余計傷つきかねませんし、本人が気づかない可能性もあるため、根本的な解決策としてはおすすめしにくいです。

でははっきり言うのとやんわりと伝えるのとどっちがいいのでしょうか。末期ガン患者に余命を伝える時などは、はっきり伝えても受け入れない方が多いそうです。その場合、看護師の方が長い時間をかけてやんわりと伝えることもあるそうです。

「臭い!」と言うと、人格否定されたと受け取ってしまうこともありえます。
ですので、やんわりと伝えるのが一番でしょう。

腰を低くして、「あなたを否定しているのではなく、心配だから言います。」と前置きして、「においが少し気になるのですが……」と伝えるのがベストだと思います。

その人にあった言い方は色々あると思いますが、その中でもわりとスタンダードだと思える方法を考えてみました。

シェアをお願いします。